心理カウンセラーの種類と仕事内容について

心理カウンセラーの種類と仕事内容について

心理カウンセラーにはいくつかの種類があります。

企業、学校、医療機関、福祉施設、などに属している人々に応じて、心理カウンセラーには多くの名称が付けられています。

産業カウンセラーは、一般企業でのカウンセラーとして、社員の方の悩みを解消するように活躍しています。

臨床心理士は、公医療機関や行政機関や公立学校のカウンセラーに就くことができ、この資格は難易度が高い資格となっています。

スクールカウンセラーとは、文字どおり、学校で子供や親の相談に乗ります。

心理相談員は、研修を受講することで、取得することができますが、受講資格として心理系・社会福祉系・保健系といった学科のある大学の卒業者に限られます。

臨床発達心理士は、大人から子供まで対象が幅広い世代を対象としています。

認定心理士は、福祉施設や医療分野で活躍しています。

学校心理士は、準スクールカウンセラーとして活躍できます。

ひきこもり支援相談士は、家に引きこもって社会との関係を絶っている人への支援を行ないます。

心理カウンセラーの仕事の基本は、心の悩みを持っている人を支援することです。

具体的な仕事内容としては、まず、相談者の方の悩みを親身になってじっくり聞き、相談者の方は悩みを他の人に話すことにより、相談者の方自身の気持ちが軽くなり、悩みや問題点に対して解決していこうという前向きになって取り組んでいけることが非常に良い結果を導き出せることになります。

心理カウンセラーは、精神科医ではありませんので、薬を処方することはできませんが、相談者の方の話しを良く聞いてあげる行為が、心の薬になっているのです。

現在、世の中の仕組みが昔と異なり、近所付き合いの希薄化、仕事での結果を出し続けるための重圧、学校内でのいじめなど、家庭で、仕事場で、学校で、といろいろなプレッシャーの中で、幅広い世代の多くの方が悩んでいる状況から、心理カウンセラーの仕事は、ますます重要になってきています。

カウンセラーの資格を持っていますと、いろいろな場面での活躍の機会があり、就職先にも困ることはありません。

私のお勧めする、心理カウンセラーの資格取得方法はこちらです。

心理カウンセラーについてのことが分かるサイト