心理カウンセラーの資格と学校について

心理カウンセラーの資格と学校について

心理カウンセラーの資格は、カウンセラーの種類により異なります。

心理カウンセラーの中で、難易度の高い資格には、臨床発達心理士があります。

この資格は、発達心理学系のある大学院で勉強して、必要な科目を履修する必要があります。

また、臨床心理士は、臨床心理士の協会が、指定の大学院の課程を修了している人が試験に合格してはじめてなることができる非常に難易度の高い資格です。

心理相談員は、研修を受講して資格を取得するのですが、研修の受講資格としては、大学の心理学系・社会福祉学系・保健学系などの学科を卒業する必要があります。

産業カウンセラーは、大学で心理学を受講した方や仕事で人事労務管理の業務のキャリアが4年以上ある方に受験資格があり、試験に合格して取得できます。

スクールカウンセラーは、臨床心理士あるいは精神科医の資格を習得する、または大学の学長・副学長・教授・准教授の経験があってもこの資格を取得することができます。

学校心理士は、大学院にて学校心理学の関係科目の単位を取得する必要があります。

心理カウンセラーは、いろいろな種類があり、それぞれ資格が異なっています。

大学や大学院で心理学関係の科目受講やキャリアを経験した形での受験、合格、取得といった心理カウンセラーのそれぞれの役割によっても資格が異なっています。

その中でも、心理カウンセラーになるために学ぶことができる学校も多くあります。

メンタルケア心理士、ケアストレスカウンセラーの資格が学べる学校があります。

メンタルケア心理士は、医師と相談者の方との間に入って、チーム医療の一員として活躍するカウンセラーです。

学習期間は、3ヶ月~1年間となっていて、就職先としては、病院・診療所・学校などの医療に関係する現場での活躍ができます。

ケアストレスカウンセラーは、生活している環境の中でのストレスから心身を守ることが必要で、相談者の方の対象としては、青少年・高齢者・企業の中間管理職、などの方の対人関係が関係してくる現場、職場・学校・家庭など身近な場所でのシーンで活躍できる場所があります。